セカンドオピニオンとは

不動産における「セカンドオピニオン」として、第一にあげられるのは、他社様作成の重要事項説明・売買契約書のチェックがございます。

弊社では、宅建士の最高峰「宅建マイスター・フェロー」認定者の代表白木が、契約に内在するリスクを予見し、みなさまの安心・安全なお取引をサポートさせていただきます。

不動産とは「人生で最も大きな買い物」でありますから、お客様自身が十分にご納得いただくことが何よりも大切なのです。

そして、誤った契約書類で購入してしまったばかりにいざ不動産を売却しようとして不利益を被るようなことは、絶対に防がなくてはなりません。

他社様で重説を受けたものの、専門用語がわからなかった、規制区域が実生活にどのようなデメリットとして影響するのかは説明されていないなど、

なんとなく心にモヤが残っている方は要注意です。

改めて、弊社がお客様が納得できるまで、とことん説明をいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

そして、不動産は買ったら終わりではありません。

維持・管理・処分をする際にも、不安や悩みは付き物です。

 

「宅建マイスター・フェロー」は全国に12名・福岡県では白木が唯一の認定者(2020年1月31日現在)

 

稀少な知識を、ぜひお役立てください。

 

R産託にて行うセカンドオピニオンの内容の一例です。

そのほか、他社様等とお話する中で、何か疑問を感じましたら「宅建士の最高峰」へ、お気軽にご相談くださいませ。

■購入に関して

他社様作成の重要事項説明書・売買(賃貸)契約書のチェック、内在リスクを予見し安心・安全な取引のためのアドバイス

■売却に関して

他社様と媒介契約を予定・締結済である売主様の不安や疑問にお答えするアドバイス

■不動産投資に関して

他社様作成の事業計画等についての第三者的立場からのアドバイス

重要事項説明書