任意売却

任意売却とは住宅ローンなどの支払いの滞っている担保不動産をご自身の意思によって売却する方法です。

 

住宅ローンなどの支払いが困難になった場合、裁判所を通さずに各債権者の合意により行う不動産取引きです。任意売却を簡単に申し上げますと、競売という強制的な手続き(売却・退去)をさせられる前に、任意(ご自身の意思)で売却し、自分のタイミングでお引越しすることです。
債権者とのとりきめによっては、残債務や損害金の免除等のご相談、また引越し先・引越し費用などの確保を目的とした不動産の取引です。
そこで決断いただきたいのが任意売却です。
自分の意思で不動産を売却し、新たな生活への第一歩を我々と一緒に始めましょう。

 

※不動産専門用語的に言えば以下の通りです。

住宅ローンや借入金等の返済困難になった場合債権者は担保権(抵当権等)の実行により債権を回収する事になるが、競売による不動産売却では現金化までに時間がかかるうえ、市場価格より安くなるケースもある。そこで、不動産会社の仲介により債権者・債務者の調整を行い、市場で担保不動産を売却すること。